おばあちゃんを駅まで送ってあげる、たとえばそんな接客をしたいから


小さい頃、自然とやっていたことが、自分が好きな仕事に通じるのかもしれない。家に来たおじちゃんにお酌をしたり、おばあちゃんに道案内をしたり。

大人になってからも、そんな自然と体が動くことを仕事に出来たら、好きなことを仕事にしていると胸を張って言えそう。

今回は、パラレル求人をきっかけに、ゲストハウス品川宿で働き始めた人に話を聞いてきた。

今までと違うなにかを求めて、新しい場所で働き始めるって、どんな感じなんだろう。

 

約2ヶ月ぶりに訪れた、ゲストハウス品川宿。

4月からここに加わったのは、志村照恵さん。フルタイムで働きはじめて、フロントでお客さんを案内している。

ここで働き始める前も接客の仕事をしていて、転職してきた。

「子どもの頃のように、戻りたいなって思ったんです。」

志村さんの実家は、新潟県で民宿を営んでいて、小さい頃からいろんな人に囲まれて育った。

小さいときにおじちゃんと呼べる人がいっぱいいて、気づいたらお酌をしていました。でもそれを接客だと思ったことはなくて。常連さんの、なになにおじちゃんとかに一緒に遊んでもらったりしていて、そういうのが思い出として残っているんです。」

 

前の職場は大手高級ホテルで、接客だけでなくその経営スタイルも勉強したいと思い入社した。配属されたのは、ホテルの中にあるレストランだった。

「メニューは難しい名前のものが多くて、写真があるわけでもないので1つ1つ説明して、オーダーテイクに10分くらい使うんです。」

「料理の由来とか食材の勉強をして、ワインならぶどうの品種の勉強をして、料金に見合う料理やワインであることを納得してもらう必要もありました。」

少し言い方を変えれば、セールストークをしなければいけなかった。ノルマとまではいかないけれども、少しそういう雰囲気もあった。

勉強になることは多かった。高級レストランのマナーとして、お客様は「すいません」と大きな声でスタッフを呼んではいけないことになっている。だから、自分からお客様のもとへ行かなければいけない。

ちょっとした所作で、左利きだと気づいて教えてくれる先輩もいる。それに合わせて、ナイフとフォークの位置を逆にしたりもした。

 

勉強にはなる、でも、気持ちが納得できなかった。

「たとえば、おばあちゃんを駅まで送るようなことは出来ないんです。地図を印刷して渡すことは出来るけど、それでは私の気が済まない。駅までついていってあげたいなと思う。でも、そのホテルは、そういう接し方をするところではなかったから。」

仕事も、本当はレストランスタッフではなく、ベルスタッフをしたかった。お客様の要望を聞いて、外出先やホテル内の案内をする仕事だ。

異動の希望も出し続けたし、足りないスキルがあるのかなと英語の勉強もした。でも異動は出来なかった。

だんだん「やりたいことを出来ていないこの時間はなんなんだろう」と思うようになっていった。

 

子どもの頃の民宿で過ごした時間を思い出して、あの頃のような場所で仕事をしたいと思い退職した。お客さんとの距離が近いところが良かった。

最初は、紹介で高級ホテルなんかも受けたけれど、なにか違和感があった。

そこで、検索に使い始めたキーワードは「小さい宿といえば」だった。

元々は、レストランスタッフよりも、お客さんを案内するベルスタッフをやりたかったし、英語の勉強もしていたから、その力も試してみたいと思っていた。最初は意識していなかったけれど、ゲストハウスってありかも、と思い始めた。

 

実は、志村さんは学生時代にこの近くに住んでいて、ゲストハウス品川宿を知っていた。

「品川宿の商店街を歩いていると、このゲストハウスから笑い声がいつも聞こえていました。」

「アルバイトで働きたいと思ったんですけど、当時は学生アルバイトの募集がなくて。近くに住んでいたので、泊まりにくるわけにもいかないし、結局入れずにいました。」

 

ゲストハウスで働くことを考えて、不安がなかったわけではない。英語を勉強していたとは言え、接客で使うのは初めてだし、観光案内や歴史の説明は難しい。

でも、次に始める仕事は、好きなことで長く続けたいと思っていた。剣道を15年間続けていたけれど、それはやっぱり好きだったから。

ゲストハウス品川宿の求人を見つけて、入りたくても入れなかったあの頃を思い出し、思い切って応募した。

 

働きはじめて、どうですか?

「みんな笑ってて、あの時に聞こえていた笑い声のイメージと一緒だなと思っています。」

これからは、実家の民宿のことも少しだけ意識しながら、マネジメントのことなんかも学んでいきたいのだそう。

 

好きなことを仕事にするって難しいことだと思う。仕事って職種だけで決まるわけではなく、どんな場所で、どんな人と一緒に働くかで、大きく変わってくる。「そもそも好きな仕事ってなんだ?」とか考えてしまうし。

だからこそ、自分を納得させずに、「好きな仕事」を求め続けるべきなんだと思う。

 

<ゲストハウス品川宿の求人>

 


2017年05月29日 | Posted in 好きを仕事に | | No Comments » 

関連記事