日本酒の価値を再定義 〜地域と人の魅力を引き出す〜


平安時代に創業した酒蔵が、今も日本酒を造り続けている。

変化が激しい時代と言われるけれど、酒蔵は100年企業でも、まだ若いと言われる世界だ。

ただ、この40年で日本酒の消費量は約三分の一になり、それに伴い酒蔵も徐々に減ってきている。

 

ナオライ株式会社は、日本酒の価値を再定義し、企画や開発を通して、その価値を社会へ還元している。ミッションは、「多様で豊かな日本酒文化を未来に引き継ぐ」こと。

大きく3つの事業を手がけている。

1つ目は、広島県三角島のレモンをコンセプトにした、スパークリングレモン酒”MIKADO LEMON”の企画・製造・販売。「三角島レモンガーデン」で、無農薬レモンの栽培も手がけている。

2つ目は、SAKEコミュニティ”KAGURA”の企画・運営。広島と東京で定期的に開催しており、日本人だけでなく、海外の人も参加している。多様性溢れる空間で、日本酒文化に触れる機会を提供したいと考えている。

3つ目は、企業と一緒に、その企業のブランドで日本酒を造る”YAOROZU”。企業の人と、酒蔵と、ナオライが、ゼロからどんな日本酒にしたいか、考え造り出していく。

 

ナオライは2015年4月に設立され、日本酒に感じる可能性を1つ1つ形にしてきた。今、伝えたいことが貯まってきている。

今回の募集は、大きく2つの仕事です。

1つ目は、ナオライが考える日本酒や酒蔵の価値を、噛み砕いて紡ぎなおし、伝えていく仕事です。一言で言うと、広報やプロモーションになるけれど、大事なことはナオライを理解し、丁寧に伝えていこうとする気持ちです。

2つ目は、広島県三角島のレモンガーデンで、無農薬のレモン栽培を手がける仕事です。

走り続けているから、他にもやりたいことや、やるべきことはたくさんあります。

働く場所は、東京の本郷にあるオフィス、広島県三角島にあるオフィスあるいはレモンガーデンになります。いずれの仕事も、他の仕事をしながら、業務後や、休日を利用して関わっていただくことが可能です。

 

東京都本郷三丁目にある、「social hive HONGO」を訪れた。そこは、ソーシャルスタートアップ向けのシェアオフィス。

代表の三宅さんは、親族が広島で1856年創業の「三宅本店」を営んでおり、小さい頃から酒蔵や日本酒が身近だった。大学時代は、日本酒の大きな市場があるのではないかと中国に留学し、卒業後も中国で就職、起業をした経験がある。

MIKADO LEMONは、そんなグローバルな視点から生まれた。

「地域の魅力を盛り込んだ日本酒を、造ろうと思いました。広島は、レモン生産量が国内トップなんです。」

「日本酒は、米の産地と酒蔵が別々なことが多く、欧米人ががっかりする姿を見てきました。ワインは、例えばボルドーのように、ぶどうの産地と酒蔵が直結しているのですが。」

 

MIKADO LEMONを造ろうと決めてから、レモン畑探しが始まった。

「ナオライはスタートアップなので、僕たちにしか出来ないことをやりたいと思いました。人とは違うことをしたかったんです。」

「自分たちの手で、無農薬のレモンを育てるために、レモン産地の島を転々と廻りました。」

「三角島に出会えたのはご縁ですが、ここで起業する人はいないだろうと思ったことも決め手です。」

 

三角島は広島県呉市に属する、人口約30人の島だ。

「三角島の、南向きの急斜面がレモン栽培にいいらしいんです。潮風でミネラルが運ばれるためだそうです。」

無農薬だから、草抜きや草倒しもする。

「島でお世話になっている方に、抜く草と、抜かなくていい草を教えてもらって、草抜きをしています。なんでこんなに草抜きしているんだ、って思う時もありますけど(笑)。」

島に来て良かったな、と感じられる経験をしている。

「自然の理を教えてもらっている気がします。レモン1つ作るのにこんなに苦労するんだと、ここに来なければ感じることは出来ませんでした。」

「島の人たちは、潮の満引きや気候を、当たり前の様に意識して生活をしています。」

「当たり前と言ったら当たり前なんですけど、僕らの世代はついつい忘れてしまいがちだと思います。島で昼寝をしていると、鳥の声や潮の音が聞こえるし、流れ星も見えるんですよ。」

 

日本酒は、酒蔵によっても、地域によっても、違うものが出来上がる。

「日本酒造りでは、米と水、麹など、自然の力を最大化しています。」

「全国の酒蔵を廻りましたが、みんな違うんです。米と、水と、人と、麹菌で全然違う日本酒が出来上がるんです。」

 

その製法に、三角島産のレモンが加わることで、MIKADO LEMONは、広島県三角島を表現する日本酒になる。

「酒蔵は、かつてはアルコールを醸造する場でしたが、これからは地域をつくる場になりうると思っています。」

 

SAKEコミュニティKAGURAは、東京や広島で定期的に開催している。

「瀬戸内や広島などをテーマにして、酒宴を開いています。おいしいご飯とお酒を囲んで、人の輪が生まれる場を演出したいと思っています。」

酒宴の場で、MIKADO LEMONを通して三角島を知っていく。

 

三角島を知るのは、お酒の場だけではない。三角島CAMPを企画して、島外の人を招いている。

「2年間で約250人が、人口約30人の三角島のレモンガーデンを訪れてくれました。KAGURAで三角島を知って、興味を持って来てくれた人もいます。」

「生産者と同じ立場になって欲しいので、レモン栽培を手伝ってもらったり、島を廻ったりするんです。」

多くの人に三角島を訪れて欲しいという想いから、久比盛り上げ隊の梶岡秀さんと相談し、レモン”畑”ではなく、レモン”ガーデン”と呼んでいる。

「MIKADO LEMONは、あくまで第一号案件です。」

「ナオライとしては、全国約1200社の酒蔵の魅力を引き出し、伝えていきたいと思っています。」

 

山花さんは、約半年間の複業期間を経て、約1週間前にナオライに転職した。それまでは、フルタイムの仕事をしながら、ナオライの仕事を手伝っていた。

「日本酒が好きだったのと、学生時代にNPO法人でインターンをしていたので、ソーシャルな分野に興味がありました。」

ある人が三宅さんを紹介してくれたのが、ナオライとの出会いのきっかけ。

「日本酒業界を変えていこう、というすごい大きなことをしているな、と感じました。」

「フルで関わりたい気持ちはありましたが、まずはお互い理解を深めようということで、最初は複業として始めました。」

「仕事はいろいろありましたが、MIKADO LEMONの営業先を探したり、人と会って『こういうお酒を造っています』と紹介していました。」

 

転職のきっかけは、YAOROZUの案件が進み始めたから。

「ナオライとしてもチャンスだったので、三宅さんに、自分の時間を全て使って関わりたいと伝えました。」

YAOROZUでは、企業と一緒に日本酒造りの企画から製造まで、一緒に手がけていくことになる。

ゼロから日本酒を造るので、創り出すプロセスの経験や、社内コミュニケーションの活性につながる。

 

ナオライの仕事文化は、三角島でのレモン作りや、日本酒作りの経験から形成されている。

大事にしていることは、自分と向き合い続け、自分が納得出来ることをする、という姿勢だ。

「先月の失敗なんですど、売らなきゃという気持ちが先行しすぎて、頭を下げてでも、というスタンスになってしまいました。」

「自分たちの想いにプライドを持って、きちんと伝えて、理解をしてもらうことから始めるべきでした。」

「MIKADO LEMON 1本1本にいろんな歴史や、業界を変えたいという想いがつまっているんです。」

 

ナオライは、年々縮小する日本酒業界で、何が出来るか、何をやりたいのか考え続けてきた。

「今、やりたいことが少しずつ形になってきているので、これからは伝えることにも力を入れたいと思っています。」

これまでは三宅さんが発信をしてきたけれど、これからはナオライとして発信をしたい。

「山花さんが入ってくれて、ディスカッションを通して、ビジョンがより具体的になってきました。」

紡ぎ出されたビジョンは、「時をためて、人と社会を醸す」。

歴史と自然が調和した日本酒文化を、ゆっくりじっくり、人と社会に伝えていきたい。そしてそれが、人が新しい視点を持つきっかけになったり、地域の魅力を引き出すことにつながる、という想いが詰まっている。

「新しく来てくれる人には、ナオライのビジョンをさらに引っ張り出して、外に発信してほしいと思っています。」

 

取材後に、「職種って絞らなければダメですか?」って、山花さんに聞かれた。

ご自身も、複業で幅広く出来ることがあったし、これからやりたいことがいっぱいある、という気持ちなのだろうなと思った。

今回の募集以外にも、「こんなこと出来そう、自分も何かしたい」と思っていただけた方は、ご連絡をお待ちしています。

(吉田大樹)

 

ナオライ株式会社
募集職種 ① 製品及び企業の広報、プロモーション

② 三角島レモンガーデンでのレモン栽培

仕事内容 ① コミュニケーションを通して、ナオライを理解し、伝えたいことを引き出し、形にしていく仕事。そして、webを初めとした手段で、発信していく仕事。

② 三角島レモンガーデンでのレモン栽培

働く場所 ① 東京あるいは広島のオフィス

■東京オフィス(social hive HONGO

東京都文京区本郷三丁目40番10号 7F

■広島オフィス

広島県呉市久比3960番三角島

② 広島県三角島にあるレモンガーデン

働く時間 ① 応相談。フルタイムの方は、業務後や休日からでもOKです。

② 応相談。休日のみでもOKです。

求める人物像 日本酒の多様性を守っていきたい人
雇用形態 関わり方に応じて相談させてください。
給与 関わり方に応じて相談させてください。
募集予定人数 ① 若干名

② 若干名

応募方法 以下のフォームより、お名前/メールアドレス/電話番号/ご年齢/希望職種/応募動機(短くて結構です)をお送りください。担当者から追ってご連絡させていただきます。質問や、勤務のご希望・ご相談等も受け付けております。
その他 上記募集以外でも、「こんなこと出来そう、自分も何かしたい」と思っていただけた方は、ご連絡をお待ちしています。

 

 


関連記事