社員食堂2.0を、仕掛ける 〜はたらく人の日常を健やかに〜


社会人になって思うのは、小さいころ家に帰って、あれだけバリエーションのある料理が出てきたのは、すごいことだった。

「一汁三菜」なんて言うけれど、作るには時間と手間をかけて、栄養のことも考えて、何より料理の腕も必要。

共働きが普通になって、核家族化が進んだ今、改めて「食をどうしようかな」と考える時間が必要なのかもしれない。

 

株式会社社員食堂は、はたらく人の健やかな日常を、「社員食堂」をキーにして実現していく事業を展開する。2017年4月に高橋さんが創業し、その肩書は「代表栄養士」。

具体的には、社員食堂を作る会議のファシリテーションや、実現へ向けた提案を行う。社員食堂は、食事の場にとどまらず、社員が自身の日常を振り返り、また会社が社員の健やかな生活を願う気持ちを伝え、実現する場であると考えている。

 

現在、株式会社社員食堂の事業だけでなく、「おとな食堂」のグッドデザイン賞出展など、様々なプロジェクトが動いています。

これからご紹介する、事業やプロジェクトにご興味を持っていただけた方は、まずは「おとな食堂」に来ていただき、お話させていただくことから始めたいと思っています。

 

東京丸の内にある、東京における創業の入口「Startup Hub Tokyo」を訪れた。

代表栄養士の高橋さんは、楽天株式会社在籍中に、社員食堂プロデューサーを約7年間務めた。その時から、社員食堂とは何なのか、「レストランとも違うな」などと、言葉を探していた。

「社員食堂は、はたらく人の健やかな日常を、食の面から担う場所だと思いました。レストランは、特別な日の食の場としては良いですが、日常的な食の場としては違うと思ったんです。」

 

時代を重ねて、食べ物は豊富になってきたけれど、食の環境が必ずしも良くなっているわけではない。

「昔はお母さんが、朝昼晩作ってくれていました。受け身でいても、季節の食材を使った、バランスのとれた食事が用意されていました。」

「今は共働きなどで、食の面倒を見てくれる人が、身近にいなくなってきています。『これが欲しい』と自分の言葉で言う必要性に迫られているのですが、健康を支えてくれるメニューが何なのか、本人が分からない状態なんです。」

 

健康な生活を営むために、どのような食品群から、どれだけの量を摂取すればよいかを示した、食品構成表というものがある。

「野菜350g、芋100g、豆80g、魚・肉100〜150gなどですが、この中で一番摂るのが難しいのって、どれだと思いますか?」

「野菜なんですよ。普段の外食で付く野菜は、大体20〜30gです。1食分として100gの野菜を惣菜で摂ろうとすると、400円くらいかかるので、お弁当が1つ買えちゃうんです。」

「惣菜は高いですし、いざ野菜を買っても意外と調理方法に困ってしまいます。サラダバーなどではたくさん摂れますが、少し無理して食べているような気もしますし。」

「野菜を、自分で摂れるようにしなきゃいけないね、というのが裏ミッションなんです。」

 

株式会社社員食堂の創業前から、「おとな食堂」というイベントを毎月開いている。社員食堂Labという、会員制のコミュニティキッチンのディレクターを、約1年前から任され、フラグシップイベントとして始めた。

おとな食堂は、話す、作る、食べる、という3つのパートで構成されている。

「『話す』は、日常の食で気になっていることや疑問、知りたいことなどを、言葉にして自由にポストイットに書き出していくんです。」

「例えば、『昼ごはん食べれていない』『職場にキッチンが欲しい』など、様々な言葉が出てきます」

「それらをカテゴリーごとに分けて、トピックをその場で組み立てて、みんなで話すんです。」

「例えば、会社の周りの飲食店のバリエーションをトピックにしたり、弁当作りやお酒の飲み方をトピックにしたり様々です。」

 

おとな食堂の参加者は、自分で野菜を持ってくることになっている。

「『作る』のパートは、『自己お野菜紹介』から始まります。」

「『買ってきたはいいけど、どうしたらいいか迷っていた野菜』『うちのお母さんが田舎で作った野菜』『冷蔵庫で1週間眠っていた野菜』など、人によってストーリーがあります。」

「その野菜たちを見て、私がその場で料理を決めていくんです。」

「例えば、人参は白和えにしたり、枝豆はペペロンチーノにしたり、1つの野菜に1つのメニューをその場で考えます。」

「黙々と作る人もいれば、おしゃべりがメインの人もいます(笑)。ご夫婦で来た方は、普段は料理をしない旦那さんに任せてみたり、様々です。」

「そして『食べる』ですが、野菜の料理をその場で作って、その場で食べるという体験が、大事だと思っているんです。」

「その場で日常の食に対する答えを出すではなく、家に帰ってからも考える、というきっかけになればと思っています。自分で考えて、少しずつ実践してみる、ということを大事にしたいと思っているんです。」

 

株式会社社員食堂の事業を言葉にすると、「食栄養環境整備事業」。

「『食環境』という言葉はよく聞きますが、『栄養』という観点が抜けていることがあります。食環境では、ただ食べるためだけの環境をイメージしてしまいがちです。」

「健やかな日常を送るための食の基準は決まっているので、何を食べるかが大事だと思っています。」

「社員食堂は、はたらく人が毎日の食事をする場所です。」

「会社が社員のことを大事に思うのであれば、社員食堂に無関心や無責任ではいけないと思うんです。」

 

具体的な事業内容は、社員食堂を作る会社の会議体で、ファシリテーションと、実現へ落とし込む提案を行うこと。

「提案内容は、社員食堂というハコを作るだけでなく、ケータリングやお弁当の用意、あるいは週に1回の健康なご飯を食べる会、などになるかもしれません。」

「社員食堂は、会社が社員に対して『あなたが大切な存在だから、健康でいてほしい』と、食を通してメッセージを伝える場だと思っています。なので、必ずしも、社員食堂というハコを作る必要はないと思っているんです。」

「社員食堂の運営を事業とすることも考えましたが、それでは『お母さん』になってしまうと思いました。自分たちの言葉で健康な食について話し、自分たちで考えて実現していくことが大事だと思ったんです。」

 

社員食堂のファシリテーションの他に、おとな食堂をto B向けに展開することも考えている。

「ワークショップとして、出張おとな食堂を開きたいと考えています。いきなり会議体を開くのが難しいケースもあると思うので、きっかけとして行いたいと思っています。」

他にもアイディアは尽きない。

「会社運動会の弁当を、ハックしたいと思ってるんですよ(笑)。会社運動会を企画運営する会社があるのですが、お弁当のことまで手が廻っていないようなんです。今のお弁当は、栄養バランスや、消化にも良くなさそうでした。」

「そこで、『全部50g弁当』というのを作ってみました。1品を1つの野菜で作っていて、これで1日に必要な野菜を摂ることが出来ます。」

 

「野菜をおなかいっぱい食べて、体調の変化を感じたり、そういう体験をすることが大事だと思っています。自分の普段の生活を振り返り、自分で考えるきっかけを提供したいんです。」

「そういう場をデザインするというイメージなので、実はおとな食堂でグッドデザイン賞へエントリーしたんですよ。」

「最終的に、野菜料理を自分で作るのか、野菜ジュースで補うのかは自由ですが、まずは健やかに生活するための、ベースを知らなければいけないと思っています。」

「健やかに生活するための基本知識を付けて、自分で日常の生活を設計出来るような、仕掛けを作りたいんです。」

 

最近働き方が見直されているけれど、体をつくる「食」も見直すことが出来ると、もっと良い日常が待っているはず。

「興味を持っていただけた方は、おとな食堂に来て下さい。一緒に話しましょう!」と高橋さんがおっしゃっていた。

今回聞いた話以外にも、まだまだ想いやアイディアにあふれていそう。

ご連絡お待ちしています。

(吉田大樹)

 

株式会社社員食堂
募集職種 立上げ中の事業に加えて、おとな食堂運営・展開など、進行中プロジェクトの共同推進
仕事内容 立上げ中の事業に加えて、おとな食堂運営・展開など、進行中プロジェクトの共同推進
働く場所 社員食堂Lab(おとな食堂の開催場所)
東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 Creative Hub131 3F 社員食堂Lab.
Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション1F
働く時間 お仕事の状況などに応じて相談させてください
求める人物像 「食」を媒介した人とのコミュニケーション・組織づくりに興味のある方
雇用形態 プロジェクトメンバー(当初は雇用契約は結ばない想定です)
給与 プロジェクトメンバー(当初はお支払出来ませんが、今後の関わり方や事業の状況に応じて相談させてください)
募集予定人数 若干名
応募方法 以下のフォームより、お名前/メールアドレス/電話番号/ご年齢/希望職種/応募動機(短くて結構です)をお送りください。担当者から追ってご連絡させていただきます。質問や、ご相談等も受け付けております。

 

まずは、おとな食堂に来ていただき、お話しながら、運営などを一緒にできればと思っています。

その他

 

 


2017年08月08日 | Posted in 食・健康に関わる | タグ: , , No Comments » 

関連記事