〈特集〉ゲストハウスから広げる世界


どこまで広げるかは、自分たち次第。

ゲストハウス品川宿は、お客さんだけでなく、地域や、一緒に働く人のことも、惜しみなく気にかけている。

働く人の経験も多彩だから、訪れるたびに、新しい世界の広がりを感じさせてくれる。

 

今回は、複業的な関わり方に加えて、フルタイムの人も募集します。

開業のストーリーや目指す姿、地域との関わりや具体的な取り組み、そして働く人々の想いを、4回に分けてお伝えします。

 

宿から、地域と訪れた人を、つなぐ

代表の渡邊さんは、品川と「地縁」があり、ここで宿を始めたそうだ。

大学での観光の勉強、バックパックを背負った一人旅、20を越えるホテルでのアルバイト。

そんな経験で感じた疑問や想いが、今のゲストハウスの運営につながっている。

 

ゲストハウスが、地方自治体とつながって、地域おこし

ゲストハウス品川宿は、訪れた人に品川を、そして日本を楽しんでもらうために動き続けてきた。

最近では、行政のインバウンドへの関心も高まり、地方自治体と一緒に取り組むことも増えてきている。

ゲストハウス品川宿が掲げた、ウォーキングツアーのコンセプトは、”Join the Local Experience”。

 

おばあちゃんを駅まで送ってあげる、たとえばそんな接客がしたいから

4月からここに加わった、志村照恵さん。

前の職場は大手高級ホテルで、接客だけでなくその経営スタイルも勉強したいと思い入社した。

今までと違うなにかを求めて、新しい場所で働き始めるって、どんな感じなんだろう。

 

やりたいことが磨かれる、ゲストハウス品川宿の、多彩な日常

朝倉さんは、大学3年生の時に、休学をして世界一周をした。その時の体験が、朝倉さんのこれからの軸を形作った。

世界一周の旅先で人とふれあえたのは、ゲストハウスという場があったから。

「自分で、ゲストハウスを開業したいと思っていました。」

ただ、ゲストハウス品川宿での日常を通して、その考えも少しずつ変化してきている。

(吉田大樹)

 

株式会社宿場ジャパン
募集職種 宿泊施設のスタッフ
仕事内容 フロント業務、清掃 業務、観光案内、地域活動
働く場所 ゲストハウス品川宿(東京都品川区)

Bamba Hotel(東京都品川区)

Araiya(東京都品川区)

ゲストハウス品川宿が主な仕事場所になります。

働く時間 ① 週5日、7:00~22:00の間の8時間、シフト制

② 週3日以上、7:00~22:00の間の4〜8時間シフト制

求める人物像
  • 人が好きで、「人との距離感」がつかめる方
  • 健康で、素直さ、ポジティブさ、タフさを兼ね備える方
  • 自ら課題を見つけ、解決できる方
  • 多文化共生の社会を一緒に作っていける感性をお持ちの方
雇用形態 ① 契約社員
② アルバイト
給与 ①160,000 円/月〜(社会保険有り)
② 時給940円、交通費300円/日
募集予定人数 若干名
応募方法 以下のフォームより、お名前/メールアドレス/電話番号/ご年齢をお送りください。担当者から追ってご連絡させていただきます。質問や、勤務のご希望・ご相談等も受け付けております。

※応募・問合せ先のフルダウンは「〈特集〉ゲストハウスから広げる世界」をご選択ください。

その他

 

 


関連記事