田畑と古民家から作る、農がある暮らしと子育ての場


子どもの頃、きれいな星空を見て宇宙に興味を持ったり、強烈な実業家に会って起業を志したり。

関心を示すことはみんなそれぞれ違うけれど、多彩な体験の一つ一つが、将来の夢や価値観を形作る。

変化が激しい時代だからこそ、子どもはもちろん、大人にとっても、多彩な体験が出来る場が必要なのかもしれない。

 

NPO法人くにたち農園の会は、畑や田んぼで遊んで学べる“くにたち はたけんぼ”や、田畑とつながる子育て古民家“つちのこや”の企画や運営を手がけている。

2013年に、“くにたち はたけんぼ”が、国立市の農業農地を活かしたまちづくり事業の、モデル農園として開園したことが発端となっている。当初は任意団体だったが、2016年12月からNPO法人として再スタートした。

理事のメンバーは、農園アドバイザー、リトルホースとふれあう会 発起人、野忍流 忍者など、様々な肩書を持っている。

 

今回は、JR南武線谷保駅から歩いて5分の”つちのこや”を訪れ、理事長の小野淳さんと、副理事長のすがいまゆみさんに話を聞いた。

 

小野さんは、くにたち農園の会の理事長と共に、株式会社農天気の代表も務めている。大学卒業後にテレビ制作会社に就職し、その後いくつかの農業生産法人を経て、今では都市農業を通じた体験の提供に力を入れている。

「テレビ制作会社に入ったのは、映画を作りたかったのと、大学で探検部に入っていたので、もっといろんなものを見つけて伝えていきたいと思ったからです。探検部では、奥アマゾンのギアナ高地や、紛争前後のバルカン半島などを放浪したんですよ。」

「農業へ転身したのは、環境をテーマとしたテレビ番組 “素敵な宇宙船地球号”(テレビ朝日)などを手掛けたことがきっかけです。ただ消費を繰り返すのではなく、持続性も意識しなければ、都市をはじめとした社会を保てないと感じたんです。」

「今は、くにたち農園の会でも農天気でも、生産や販売ではなく、田畑で体験出来るサービスに軸足を置いています。」

「10年以上農業に関わっていますが、都市の農業は、身近に農地があることの価値を、より多くの人に感じてもらうことが、生き残る道だと考えたからです。」

 

はたけんぼ”は、個人向け貸し農園や市民農園とは、少しイメージが違う農園だ。

「土地の利用比率は、畑が4、田んぼが1、動物の施設が1、広場が4くらいです。畑作業だけでなく、他の楽しみ方も出来る場所、という絵を描いて作りました。」

「以前、農業生産法人に勤めていた時に、個人向け貸し農園もやっていました。ただ、それだと畑を利用する人が、借りている個人と、その家族や知人に限定されるんです。」

「今のはたけんぼの形だと、イベントなどで多くの人が訪れてくれます。貸し農園もやっていますが、企業や団体に特化することで、利用者を増やすことが出来ています。」

「子ども向けの企画としては、学校帰りに畑に立ち寄る“はたけんぼ放課後クラブ ニコニコ”や、2歳までの親子で自然体験をする“森のようちえん 谷保のそらっこ”などを運営しています。」

 

つちのこや”は、NPO法人設立後すぐの2017年2月に、地域に根ざした、子育て支援施設、食堂、集いの場としてスタートした。

「以前入っていた飲食店が抜けることになり、僕らのところに話が舞い込んできました。」

「飲食の経験はありませんでしたが、前から好きな場所でしたし、これからも人が集まる場所にし続けたいと思って、『やりましょう』と応えたんです。」

「ただ、僕らは『農が身近にある暮らし』の実現を軸とした団体だったので、改めて自分たちが古民家で事業を手がける意義を考えました。」

「そして行き着いたもう一つの軸が、『子育て支援』だったんです。世の中的に大きな課題でしたし、はたけんぼでは、既にファミリー向けイベントも多く手がけていました。また、理事メンバーが先生の資格を持っていたり、子育て経験者も多く、関心が高かったのも理由の一つです。」

「私個人としては、はたけんぼとつちのこやを合わせると、オリジナリティが高い場になるなということも魅力でした。元々映画を作りたいと思っていたように、エンターテイメント性は意識したいんですよ。」

 

すがいさんは、くにたち農園の会とは別に、“野の暮らし”を主宰しており、地域の居場所づくりを以前から行っていた。任意団体設立時から、小野さんと共に“はたけんぼ”や“つちのこや”を作り上げてきた。

「つちのこやは、2016年12月に施設利用の話がきて、2017年1月に以前の飲食店が抜けて、2月にはオープンしたので、ものすごいスピードでやりました。」

「お客さんにも、『歩きながら作っていくので、それに付き合って下さい』と、伝えていたんですよ(笑)。」

「食堂を切り盛りしてくれている方の一人は、野の暮らしの一昨年の忘年会で、『お惣菜屋さんをやりたい』と言っていた方です。料理がすっごいおいしかったから、『どうすれば実現出来るんだろうね』と話していたら、つちのこやで実現させることが出来ました。」

 

くにたち農園の会の理事も、いろんなつながりから集まってきたメンバーだ。

谷保のそらっこ代表の佐藤は、野の暮らしのコミュニティガーデンの近くに住んでいました。そらっこを立ち上げたいと言っていたので、『立ち上げればいいじゃない』と言って、ちょっとした手助けをしたんです。」

リトルホースとふれあう会の二人は、場所を探していると知人から紹介されて、はたけんぼを常駐の場所にしてもらいました。はたけんぼに時々来ては、柵を作るところから始めていたんですよ。」

 

理事メンバーや携わっている人たちは、それぞれ手がけることは多彩だけれど、地域や子育て支援への想いは強い。

「みんな、地域をどうしたいか、どういう暮らしをしたいか、という視点で企画や運営に携わっていると思います。」

「子育てをしているメンバーも多く、子育てをしながら子育て支援をしているんですよ。」

「子育ての悩みはみんなそれぞれ違うと思うんですけど、ここに来ればなんとかなるんじゃないかな、と思われる場所にしたいと思っています。」

 

取材も中盤に差し掛かった午後2時半頃、子どもたちがやってきた。

普段は、“はたけんぼ放課後クラブ ニコニコ”で、学校帰りに畑に直行するのだけれど、この日は雨だったから“つちのこや”に来たようだ。すがいさんは、子どもたちの面倒を見に、戻っていった。

「勉強したり、絵本を読んだり、糸よりをしたり、それぞれがやりたいことをやっています。勉強している子は、やらなきゃって自分で決めてやっているか、あるいは糸よりに興味がないんじゃないですかね(笑)。」

「畑でも、芋ほりをしたり、リトルホースの餌やりや馬小屋そうじをしたり、染め物をしたりします。ただ、その活動に参加しても参加しなくても、自由なんです。」

「それぞれがやりたいことをやるって、当たり前のことだと思うんですよね。」

「放課後は塾に行く子も多いですが、共働きで家に子どもだけを置いておけないから、という理由もあると思うんです。学校の後に、また塾で勉強するって、なんかつまんないじゃないですか。」

「もっと選択肢が多くてもいいと思っているんです。ここは気軽に来れるので、最近は外国から来た方が、言葉が分からなくて暮らしも大変だったようなんですけど、気に入って来てくれたりしています。」

 

小野さんが提供したいのは、多彩な体験。

「都市という閉じた空間で出会えるものって、人間が作ったものだから、世界として狭いなって思ったんです。」

「僕が大学時代に探検部で見た世界は、もっと多様でした。そういう片鱗を感じさせられる場所にしたいんです。」

「学校とか会社って、正しい振る舞いが定まっていて、合わない行動をすると白い目で見られるじゃないですか。なるべくそういうのがない場所にしたかったんです。開放感が生まれる場所というか。」

「“どろまみれ”っていう、田んぼの中でどろどろになって遊ぶだけの企画があるんですけど、大人が喜ぶんですよ。」

「今ってどこに行っても均質なサービスが受けられたり、スマホも普及して、自分が見たいものだけを見れるようになってきています。」

「でもね、偶然の出会いがあった方がおもしろいと思うんですよ。今、台所で料理していた女性が来ましたが、例えば、勉強や糸よりをせずに、彼女の料理に興味を持ったりとか。」

「いろんな人がいろんなことをやることで、たまたま出会っちゃったことにすごく惹かれたり、そういうコミュニケーションが生まれてほしいんです。」

 

いろんな方々にくにたち農園の会に携わって欲しいし、理事メンバーの経験も環境も多様だから、やりたいことも応援出来る。

「自分のやりたいことを実現したいという熱い意志があれば、かなりのサポートが出来ると思います。」

「純粋に手伝いたい、という人もうれしいです。ただ、明確にこれをやって欲しいと伝えるのは難しいかもしれません。」

「定められた場所というより、『ここはなんなんだ』っていう、毎回やることが変わるような、盛りだくさんな場を目指しているからです。多様性にあふれた場にしたいんですよ。」

「“はたけんぼ”や“つちのこや”の場の魅力を引き立てて、自然と人が集まって何かが始まるような、仕組み化とは逆の世界を目指しているんです。」

 

取材後、建物の前で写真を撮らせてもらう時、小野さんが「ここらへんは蛇も出ますよ」と言っていた。

敷地から出るとすぐに国道が通っているのだけれど、ここだけは古民家と小さな森に囲まれた、非都市的な空間だった。

他にはない唯一といっていい環境で、子育て支援や農業、地域コミュニティなど、関心があることから何か始めてみませんか。

(吉田大樹)

 

  NPO法人くにたち農園の会
求める役割 ① 自身の企画あるいは弊団体のアイディア段階の企画を、くにたち農園の会理事メンバーやリソースを利用して、推進してくれる方

② イベントや日々の運営を手伝ってくれる方(こちらをご参考ください)

働く場所
  • くにたち はたけんぼ 東京都国立市谷保661
  • つちのこや 東京都国立市谷保5011
働く時間 お仕事や学校などの状況に応じて、相談可能です。
求める人物像 ① 田畑を活用して実現したい企画をもっているひと
② 田畑や古民家での子育て支援をやってみたいひと
雇用形態 ① ボランティアが基本となりますが、予算・助成金の状況によってはお支払可能です。その場合は業務委託等の形態を考えております。
② ボランティアスタッフ
給与 ① ボランティアが基本となりますが、予算・助成金の状況によってはお支払可能です。
② ボランティアスタッフ
募集予定人数 複数名
選考プロセス 以下のフォームより、お名前/メールアドレス/電話番号/ご年齢/応募動機(短くて結構です)をお送りください。担当者から追ってご連絡させていただきます。質問や、ご相談等も受け付けております。
その他

 

 


関連記事